すべてのカテゴリ

ロボット塗装ライン

ホーム >  製品 >  ロボット塗装ライン

自動粉体塗装生産ライン 静電噴霧乾燥硬化完成装置

自動粉体塗装生産ライン 静電噴霧乾燥硬化完成装置

  • 概要

  • お問い合わせ

  • 関連製品

自動粉体塗装生産ライン 静電噴霧乾燥硬化完成装置

製品説明

 

粉体塗装スプレーラインの紹介:

塗装ラインのコンポーネントには主に、前処理装置、ダスティングシステム、粉体塗装装置、粉体リサイクル装置、加熱乾燥硬化トンネル炉、熱源システム、電子制御システム、サスペンションコンベアチェーンなどが含まれます。

一般的な金属材料のコーティングプロセス:

まず、前処理: 目的:防食層によって生成されたワークピースの表面を除去し、「リン酸塩処理層」のコーティング接着力を適用することができます。 主なプロセスステップ:脱脂、錆び除去、リン酸塩処理、不動態化。ワークピースの前処理後、表面に油、錆、塵がないだけでなく、灰色と白の光沢のある表面に均一で粗い錆びない灰色のリン酸塩皮膜が生成され、錆びにくく、接着力も向上します。吹き付けられた層。 。関連機器: 前処理が不良です。関連資材(薬品) 硫酸、塩酸、ソーダ灰、酸性脱脂剤、リン酸塩処理液、不動態化処理液。

第二に、静電スプレー: 目的: 粉体塗装をワークピースの表面に均一にスプレーします。特殊なワークピース(静電スクリーンが発生しやすい場所を含む)は、高性能静電スプレー機で仕上げる必要があります。プロセス手順: 静電スプレー機の吸着原理を使用して、粉体塗装の層をワークピースの表面に均一にスプレーします。落下した粉体は回収システムを通過し、ふるいにかけた後、再利用することができます。

三つ。エアコンプレッサおよび圧縮空気清浄器(油水フィルタ)関連資材: 粉体塗装(一般に「プラスチックパウダー」として知られる原料を、ハイライト、ブライトライト、セミマット、マット、サンド、ハンマー、クラックなどでスプレーします。さまざまな効果とさまざまな色)

四。乾燥と硬化: 目的: ワークピースの表面上の粉体塗装を指定の温度に加熱し、対応する時間保持して溶融、平坦化、固化させて、ワークピースの望ましい表面効果を実現します。プロセス: スプレーされたワークピースを硬化オーブンに押し込み、一定の温度 (通常は 185 度) に加熱し、対応する時間 (15 分間) 保持します。加熱・制御システム(電熱、燃料、ガス、石炭、バイオマス加熱、新発熱材等を含む)関連機器:バイオマスバーナー(各種加熱装置)、乾燥トンネル。

五、装飾処理: 目的: 静電スプレー後のワークピースに、さまざまな木目、模様、明るさなどの特定の特殊な外観を実現するため。処理ステップ: カバーライト、転写、その他の処理技術。

コーティング生産ラインの主なプロセスフロー:
製品搬入→前処理→脱水乾燥→冷却→粉体(塗料)静電噴霧→粉体(塗料乾燥)硬化→冷却→検査→製品搬出→梱包

 

製品の表示

粉体塗装ライン.jpg

粉体塗装ライン(2).jpg粉体塗装ライン-1.jpgパワーコーティング Line-1.jpgパワーコーティング Line-3.jpg

-2.jpgパワーコーティング Line-5.jpgパワーコーティング Line-6.jpg

その他の人気商品

スプレー塗装機-2.jpgミニスプレーペイントマシン-4.jpgスプレー塗装機-1.jpgフルスプレーペイントライン.jpg UVオーブン-19.jpg スプレー塗装機-7.jpg

-2.jpg

連絡を取る